彼 プロポーズ

彼氏,彼,プロポーズ

 

約3年前、旦那(当時彼氏)にプロポーズされたときのことを書きたいと思います。私たちは当時23歳。20歳のときから付き合っていたので、交際3年でした。お互いの会話に「結婚」という言葉がちらつくようになり、あともう少しで結婚するだろうな、とお互いに感じていました。

 

 

しかし、結婚を前提とする会話(いつから一緒に住み始めるかなど)をしていても、彼から確信をもった言葉は聞けないままでした。私は3年記念の日にプロポーズされるだろうなと勝手に思い込んでいました。なぜなら、3年記念の日におしゃれなお店でディナーを食べる約束をしていたからです。

 

 

そして迎えた3年記念の日。私たちは地下にあるおしゃれなお店の個室(のように仕切っている部屋)でコース料理を食べました。タイミングはいつだろう、最初ではなく、最後の方だろうなと私はワクワクしながら待っていました。美味しい肉料理にワイン。雰囲気はいい感じでした。

 

 

しかし、最後のケーキの段階になっても何もありません。私はケーキに「結婚しよう」と書いてあるのも期待していたのですが。そうこうしている間に、ついにケーキを食べ終わってしまいました。そのとき、プロポーズの代わりにこう言われました。「来週の日曜日、〇〇タワーの最上階に来て」と。

 

 

約束の日曜日の夜、私は指定された場所へ行きました。高層から見える、キラキラとした街並み。私は近くに住んでいながらここに来るのは初めてでした。やがて彼がやってきました。たわいのない会話を1、2分した後、「結婚しよう」という唐突な言葉。手にはネックレスが。

 

 

どうやら彼は3年記念の日、高層階のレストランを予約してプロポーズをしようと思ったらしいのです。しかし、取れなかったから出直し、とのことでした。彼が思ったよりロマンチストだったことに私は驚き、笑いながらOKしました。とても良い思い出です。


関連ページ

さりげなく近づいて、彼の得意分野を切り口にアプローチ
恋愛体験談を口コミ形式で紹介します。
彼との初めてのドライブ
彼との初めてのドライブ、車という狭い空間に緊張したことを思い出しました。